採用方針

「サッカー日本代表」にも通じる、質の高い人材を求めています。

当社が求める人材像は、「サッカー日本代表」に相通じるものがあります。
すなわち、

  1. 「勝利」を目的とする、強い意思を持つ
  2. 高い技術を持つプロフェッショナルである
  3. コミュニケーションを密にし、チームとしての「連動」に重きを置く

という人材です。
これらを建設コンサルタントという職業に当てはめると、次の通りとなります。

1. 内外の社会資本整備に貢献する、という強い意思を持つこと

建設コンサルタントは、決して楽な仕事ではありません。頭脳だけでなく「フットワーク」や「会話力」も求められます。しかし、何よりも重要なのは、「社会資本整備に貢献したい」、「自分の技術をインフラ作りに活かしたい」という気持ちです。この思いこそが、常に要求水準を超える仕事をする原動力となります。

2. プロフェッショナルとしてより高い技術を追求していくこと

「技術と信用」を社是として掲げてきた当社は、長年の実績に裏付けられた技術力を備え、特に交通関連分野では数多くのお客さまより信頼をいただいていると自負しています。社員一人ひとりの技術力こそが当社の財産。日々の業務の中で技術力を積み上げていくとともに、「技術士」等の資格取得にも励んでいただきます。

3. コミュニケーションを保ち、協働していくこと

建設コンサルタントの仕事は、パソコンを前に一人で作業すれば成り立つものでありません。お客さま(発注者)、地域の皆さま、行政、学識者、協力会社、そして社内の関係者など、多くの人々との関わり合いがあり、その中で「コミュニケーション」を高め、協働していくことが「いい仕事」をする鍵となります。

家族的な社風のもと、やりがいのある仕事に「楽しく」トライを。

当社は社員200名弱とほどよい企業規模のもと、和気あいあいとした「家族的なムード」が漂う社風です。
一方では、若い社員であっても、クライアントと接し、重要なプロジェクトに携わる機会が豊富です。やる気次第では新しい仕事にどんどんチャレンジでき、自分の力を発揮することも可能といえます。

当社のモットーは「仕事は楽しく」。ご縁があって入社された暁には、「重要な仕事を任されて楽しい」「新しい技術提案が評価され楽しい」「街の渋滞がなくなり楽しい」等など、数多いチャンスをとらえて、ぜひ積極的に仕事に「楽しく」トライをいただきたいと思います。