環境分野

事業と環境の共存に向けて、適切で効果的なコンサルティングサービスをご提供します。

最近、頻繁に耳にするのが、「地球温暖化対策」、「低炭素化」、「生物多様性」といった環境に関連するキーワード。今や、環境の保全・負荷低減は事業推進において避けては通れない重要なテーマと言えます。

しかし、事業と環境は決して相反する要素ではありません。むしろ、適切かつ効果的な環境対策を講じることにより、イメージアップも含めた実り多い成果をもたらします。

それでは、具体的に何を実施すれば良いのか?

当社は、環境アセスメントのリーディングカンパニーとして、その問いに誠実にお答えします

主な業務項目

環境政策支援
最新の知見に基づいた企業・自治体の環境政策の支援
環境配慮の提案
事業の計画段階、もしくは実施段階における環境保全、再自然化の提案など
環境調査・分析
大気、水質、騒音、振動、生態系等の調査・分析など
環境アセスメント
環境影響評価に基づく対応策の策定、実施段階でのチェックや是正提案など
説明会等の支援
自治体協議や住民説明会などの運営支援、資料作成など
  • 環境調査
  • 検討会

オールインワンパッケージのコンサルティングサービスの提供

総合コンサルタントとして計画・設計段階から上記項目を順次実施する、オールインワンパッケージのコンサルティングサービスもご提供します

分野ごとの取り組み

鉄道系
環境アセスメント
国内トップレベルの環境アセスメント実績
当社は環境影響評価法による鉄道系環境アセスメントの国内No.1(約半数を実施)の実績を有しています。
その他建設関連の
環境アセスメント
道路、廃棄物処理施設、発電所などの環境影響評価も
道路や廃棄物処理場、さらには近年増加している風力発電所の環境アセスメントも実施しています。
環境保全・整備
里山の再自然化、宅地造成の影響評価など
構造物建設以外の環境保全事業や宅地整備の環境影響調査・評価などの取り組みも実施しています。

新技術採用・海外展開

新技術の採用にも前向きにトライ

新規鉄道事業の環境アセスメントの例では、横断する沼の湿地性鳥類保全のため、生態系の定量的評価(HEP:Habitat Evaluation Procedure)を取り入れ、代償措置となるヨシ原の造成計画を立てるなど、常に新技術の採用に努めています。

  • オオセッカ
  • コジュリン

海外の国々にも当社の技術を提供

当社が持つ技術を海外の鉄道事業に生かすため、現在主にアジア圏への鉄道事業に技術提供の展開を図っています。