鉄道分野

豊富なノウハウと経験をもとに、次代の鉄道を支える技術力を磨き続ける

当社にとって、鉄道分野はもっとも得意とし、多くの実績を築いてきたジャンルです。

元より、当社の前身である(社)復興建設技術協会には、かつて世界最高水準の技術力を誇った満鉄(南満州鉄道)出身の鉄道技術者が受け入れられ、創立時より先進的な知見を蓄積。昭和初期における連続立体交差事業のスキーム構築におけるパイオニア役を担うなど、戦後日本の鉄道界とともに事業を展開してきました。

10~20年の長期に及ぶこともある鉄道関連プロジェクトでは、着工後も技術革新はたゆむことなく進行します。これまで培った豊富なノウハウと経験を活かしつつ、さらなる技術の向上を目指して当社は歩み続けます。

主な業務項目

各種調査
環境アセスメント、各種調査、事業性分析など
計画策定
鉄道計画(路線策定、線路配線など)から鉄道施設計画(新駅設置、駅改良、連続立体交差、耐震補強など)、都市計画(駅前広場、駅周辺整備、バリアフリー化など)の立案、策定
計画実施支援
事業認可取得(計画書、各種届け、資料作成コンサルティングなど)、住民説明会の運営支援など
設計
土木構造物(軌道、橋梁、トンネル、地下構造物など)から鉄道施設、周辺施設の設計
施工管理
工事積算、工事監理、計測管理など
保全・メンテナンス
保守点検、各種調査、補修・補強の計画立案など
  • 駅改良工事(日暮里駅付近)
  • 連続立体交差(赤羽駅付近)
  • 駅前広場(品川駅)
  • 住民説明会
  • 保守点検(信濃川橋梁)

鉄道分野ごとの取り組み

新幹線
鉄道や鉄道施設、あるいは駅周辺の都市計画などに参加し、調査や構造物設計、工事管理などに従事。新幹線分野の受注実績は国内トップクラス。次代の整備新幹線計画に向けたトライも、いち早く開始しています。
在来線
首都圏を中心に受注を続けており、連続立体交差事業などの大型かつ長期プロジェクトにも参画。数多くの実績と安定的な高評価を得ています。
地下鉄
全国の地下鉄関連プロジェクトのおよそ半数以上において、各種業務を受注。首都圏では、大多数の案件に携わっています。
新交通
モノレールをはじめとする新交通分野においても実績多数。計画段階から保守点検まで、さまざまな業務を実施しています。

技術向上・革新への取り組み

鉄道総研や運輸政策研究所に社員を継続出向させるとともに、鉄道技術関連の各種団体に参加し、研究活動を通じて常に技術力を研鑽。また、展示会への出展、論文の発表などを通じ、新技術の公開・普及にも努めています。

  • 報告会(運輸政策研究所主催)
  • 展示会(EE東北)