道路・橋梁分野

プロジェクトごとの条件を踏まえ、柔軟なアイディアと豊富な情報をもとに最適プランを提案。

道路建設は、道路事業者の意志だけではなく、公安委員会(警察)、交差鉄道事業者、埋設物の所有者など、多種多様な関係事業者との協議のもとで、プロジェクト推進が図られます。したがって、計画・設計においては、単にマニュアル通りの対応を行うだけではなく、個別のプロジェクトの事情や地域特性に合わせて、柔軟なアイディアを提供し、関係者同士の合意形成を図る必要があります。

こうした趣旨のもと、公的に定められた技術基準をベースに、地域の条令や景気動向、少子高齢化、気候変動など社会情勢も考慮し、適切な道路構造についての提案を行います。

主な業務項目と取り組み

各種調査

より精度の高い成果品を提供するために、設計の基礎となるデータを収集・分析します。

収集するデータは業務の内容によりますが、道路や橋梁の構造決定に必要となる地形地質情報、車線数や交差点の形状を決定するための交通量調査を行い、現状データの収集を行います。

  • 測量
  • 埋設物の探査
  • 交通量の観測
分析・検討

収集されたデータをもとに、橋梁や擁壁の基礎構造に適した地質であるか、道路盛土の沈下は発生しないか、設計する道路や橋梁の幅員は適切であるか、といった分析を行います。分析結果を踏まえて、設計を行います。

道路設計
 

高規格道路・地域高規格道路

国の骨幹を形成する高規格・地域高規格道路について、地形・地質・自然条件をもとに、沿道条件や環境への配慮を行い、道路・橋梁について、本線、インターチェンジ、ジャンクション、SA・PA、スマートICの設計を行います。

  • 道路設計
  • 道路設計
発注者:国土交通省、各高速道路会社、都道府県、道路公社等

一般道路

生活に密着する街路について、少子高齢化社会に対応したバリアフリー化や環境に優しい道路計画を行います。また、地域住民との合意形成を図る業務も実施しています。

  • 道路設計
  • 道路設計
  • 道路設計
発注者:国土交通省、都道府県、市区町村など

道路構造物

道路建設に伴い生じる高低差処理のための擁壁や、特殊のり面工、さらに、ボックスカルバートや調整池、電線共同溝について、環境に配慮した設計を行います。

  • 道路設計
  • 道路設計

橋梁設計

渡河橋や横断歩道橋などについて、上下部工、基礎設計や架設計画を行い、安全性・経済性に優れた構造形式を提案します。またCGを用いた景観検討を実施し、周辺環境と調和した橋梁形式の提案も行います。

  • 道路設計
  • 道路設計